大阪なおみ選手の国籍と肌の色について思うこと

恥ずかしながら大阪なおみ選手のことは割と最近知りまして、元々テニスプレイヤーは日に焼けた人が多いから、普通に日本の方で彫りが深い女性、あるいはハーフの女性くらいに思っていました。

 

それが超一流のテニスプレイヤーとなった瞬間、日本では「日本人テニスプレイヤーの偉業!」と称えられ、大阪選手の父の故郷ハイチでは「ハイチの誇り!」と称えられているようです。

 

そして大阪選手が育ったアメリカでは「大阪なおみは米国の選手のようなもの」と言われているんだとか。

 

個人的には「日本ガー、日本人ガー」と声を挙げるのはあまり好きではなく、大阪選手が日本人だろうが米国人だろうが、日本に縁を持ったテニスプレイヤーであるということは変わりないので、錦織選手と共にテニス界を大いに盛り上げてくれたらという期待を持っています。

別に日本を選ぶとか米国を選ぶとか関係ないんじゃないかという考えです。

 

一方で、最近は記者会見において「日本語で答えてください」という質問をする記者の方が多いそうで、僕としてはこういう部分が稚拙というか何というか、マスコミの嫌な部分でもあるんですよね。

 

僕が言うのもアレですが、大阪選手はあまり日本語が達者ではありません。それもそのはず、母親が日本人で日本に生まれて間もなく米国に行ってるわけですから、そりゃ喋れなくてもおかしくないでしょう。

僕のようなひねくれ者だったら「なんかテストされてるみたいだな」という嫌な気持ちになります(もちろん大阪選手は非常に器の大きい方だと思うので、こんなくだらないことには何も思わない可能性もありますが)。

 

いずれにしても日本に縁のある選手が大偉業を成し遂げたってことで、日本とハイチとアメリカの誇りでいいのでは?

 

そして日清が作ったCMで、大阪選手の肌の色を白くしたってニュースも話題になりましたね。

もちろんこれには非常に違和感を感じたわけですが、去年だったか一昨年だったか…。年末の人気番組「ガキの使いやあらへんで」で顔を黒く塗って扮装した浜田さんに対して非難の声を挙げた人もいましたよね?

 

僕の記憶では日本人じゃなかったと記憶していますし、多くのコメンテーターの意見としては「扮装だから差別的な意図は全くない」という見解だったと記憶しています。

ただ、いじめやパワハラなんかも取り沙汰される昨今、やられた方がいじめだパワハラだと感じればそうなってしまうという現状もあるわけで。

黒く塗ったら黒く塗ったで批判され、白くしたら白くしたで批判されると。なんだか生きづらい世の中になってきましたなぁ。